tks_yoshinagaの日記

KinectやLeap motion, VRやARなどの技術を使ってやったことのメモとか

A-Frameで始めようお手軽WebAR (Tango/ARCore対応)

Webブラウザ上で動くVRを実現できることで今注目のA-Frameですが、他のライブラリと組み合わせることでマーカー認識を用いたARはもちろん、Google TangoやARCore等の次世代ARプラットフォーム対応のARも実現できます。そこで今回はA-Frameを用いてTango/ARCo…

ARコンテンツ作成勉強会資料

これまでのARコンテンツ作成勉強会でのハンズオン資料が増えてきたのでリンクをまとめておきます。 1.スマホ対応AR UnityとVuforiaではじめるAR Webブラウザで簡単作成!スマホAR(Zappar編) 使ってみようSmartAR 基礎から支援ツール活用まで ARCore/Tangoと…

Dropping Objects on the Horizontal Plane detected with ARCore.

1. Introduction ARCore, AR platform for Android, was announced from Google at the end of August.As written on the following site, ARCore can track position and orientation of smartphone without using marker detection, and can detect horizo…

ARCoreで検出した水平面にオブジェクトを落とす

1.はじめに 8月末にGoogleからAndroid用ARプラットフォームのARCoreが発表されました。下記サイトにも書かれているようにARCoreによってマーカーを使わずに端末の位置・姿勢のトラッキングができたり、床やテーブルなどの水平面の検出ができたりします。 ARC…

Windows Mixed Reality Headsetで自作コンテンツを動かす with A-Frame

1.はじめに 前回の記事で紹介した、Unityを用いたWindows Mixed Reality Headset (以下WinMR)対応コンテンツの作り方に続き、今回はウェブブラウザ上でVRを実現できるWebVR対応ライブラリのA-Frameとの連携についてご紹介。既存サンプルを編集しWinMRで利用…

Windows Mixed Reality Headsetで自作コンテンツを動かす with Unity

1.はじめに Windows Mixed Reality(HP製) ヘッドセットが届いたので自作コンテンツを動かすまでの手順をまとめておきます。

HoloKitとGoogleTangoで手軽に光学シースルーAR

手軽に光学シースルーARが実現できるHoloKitを入手したのでレポート。光学シースルーARというのはカメラで撮影した風景映像にCGを重ねるのではなく、HoloLensのように目で見ている風景の上にCGのみが重畳される方式のARです。それをGoogleTangoやARKitに対応…

筋電とHoloLensを組み合わせたARシューティング

数年前に手の位置と筋電を使ったARシューティングシステムを開発しました。これは、Leap Motionで取得した指の先端位置を画面上の照準の位置に反映させ、筋電センサ(EMG:Electromyography)で手をギュッと握ったときを検出して弾を撃ち、それをARで表示すると…

HoloLens: 開発ハンズオン資料一覧

これまでにARコンテンツ作成勉強会で開催したHoloLensハンズオンの資料をまとめました。HoloLensを用いた開発のチュートリアルとしてお役立てください。 1. GazeとTap&Holdを用いたオブジェクトの移動 HoloToolkitのInputManagerを使用し、カーソルが当たっ…

Google TangoでMarker Detectionを使おう

1.はじめに GoogleのTangoという技術を搭載した端末が発売されたおかげで、HoloLensのようなマーカーの事前準備が不要なARを手軽に実現できるようになりました。ところがそれに慣れてくると、「CGの配置を自由に行いたい」「毎回同じ位置にCGを表示させたい…

Microsoft MVP for Windows Developmentを受賞しました

Microsoft MVP(Most Valuable Professional)アワードのWindows Development部門を受賞しました。下記サイトの表中にある、Windows Mixed Realityに関連した活動を認めていただけたようです。 MVP Award Update - Oct 2015 これを励みに今後もHoloLensやKinec…

Google TangoとKinectやHoloLensを組み合わせてみた

単体で手軽にマーカーレスARを楽しめるGoogle Tango対応端末ですが、他のデバイスと連携したらもっと楽しめそうだと思い、いくつか試してみたのでご紹介します。 1. Kinectとの組み合わせ 以前、HoloLensの記事でも紹介しましたが、Kinectで取得した空間の3…

Vuforia 6.2とUnityで開発の際にターゲット画像がSceneに表示されなかった場合の対処法

1.はじめにVuforiaでARコンテンツを作成する際に、従来の手順でImageTargetにターゲット画像を適用してもその結果が視覚的に反映されず、白い板のままという問題が昨年末くらいから起きていました。 Vuforiaの公式サイト(Release Notes)で調べてみるとKnown …

HoloLensとKinectやMyoを組み合わせてみた

単体でもかなり遊べるHoloLensですが、他のセンサデバイスとの連携したらもっと楽しめそうだと思い、いくつか試してみたのでご紹介します。 1. Kinectとの組み合わせ Kinectで取得した空間の3次元情報(Point Cloud)をリアルタイムにHoloLensで表示してStar W…

HoloLensハンズオン in 福岡

ARコンテンツ作成勉強会のテーマの一つとしてHoloLens対応コンテンツを作るハンズオンのvol.1とvol.2を2016年12月と2017年1月に開催したので、その時の様子と資料をまとめておきます。 1. Manipulation編 2016年12月に開催されたvol.1では、仮想物体にカーソ…

THETA Sの全天球映像を複数のデバイスにリアルタイム配信

これまで同じLANの中にいるデバイスにTHETAの映像を配信するシステムを試作してきたが、外に配信できなければ利用範囲が限定されてしまうので、ネットにつながっている外部のデバイスへの配信をできるように改良。 動画中の、THETAの下のPCに表示されている…

Unity5.3でVuforiaを使用する際の設定について for Windows

12月8日にUnity5.3がリリースされたので早速インストールし、試しにVuforiaを使ったARコンテンツの開発をしようとしたところ、下記のようなメッセージが表示されてカメラの映像が表示されませんでした。[ Cannot use web cam, since the user has not author…

THETA Sと顔検出を組み合わせたユーザー追跡システムの試作

先日、THETA Sのストリーミング画像を好きな向きで見るシステムを作ったので、今回はそこで作成した球体への動画貼り付けプログラムを活用し、撮影されたユーザー1名が常に視界の中央に表示されるシステムを試作しました。

RICOH THETA SのストリーミングをGoogle Cardboardで閲覧するシステムの試作

これまでコダックのPIXPRO SP360のストリーミング画像をスマホで表示するシステムを開発してきましたが、10月23日に発売されたRICOH THETA Sが届いたので早速乗り換えてみました。

Zapparで簡単AR: 動画表示コンテンツを作ってみよう

Zapparではマーカーとなる画像の上に写真やムービー、音声やボタンなど2Dのデータを重畳表示することが可能です。そしてこれらを用いたコンテンツの作成にはzapcode creatorというwebアプリを使用します。今回はZappar対応コンテンツ作成の第一歩として、以…

Zapparで簡単AR: アカウントを作成しよう

今回はZapparで表示するコンテンツを作成するのに必要なアカウントの作成手順について解説します。まずは登録サイトにアクセスしてfacebook,google,メールアドレスのいずれかと、パスワード、生年月日を登録し、[AGREE AND REGISTER]をクリックします。※本記…

Zapparで簡単AR: ARブラウザを使ってみよう

ZapparとはイギリスのZappar Limitedが提供している無償のARブラウザです。ARブラウザとは、webブラウザとサイトとの関係と同じように、世界中の制作者が公開したARコンテンツを1つのアプリ(ブラウザ)で実行するというもので、ARコンテンツ毎にアプリをイン…

Kodak PIXPRO SP360の画像をgoogle cardboardで見る

Kodak PIXPRO sp360とは1ショットでレンズを中心とした全方位の画像を撮影できる非常に面白いカメラです。 PIXPRO - マスプロ電工|MASPRO 撮影した動画や静止画は、PCやスマホ・タブレットで閲覧したり加工してYouTubeの360度コンテンツとしてシェアしたり…

Intel Real Sense用サンプル for C# Formアプリケーション

1.はじめに 小型のRGB-Dセンサとして昨今話題のIntel Real Sense、サンプルも豊富で色々と遊べるのですが、自分でプログラムを書こうとするとサンプルもリファレンスも初学者には少々分かりにくい印象を受けました。そこで今回、カラー画像とdepth画像を取得…

Kinectを用いた実物体と仮想物体のインタラクション

ARやVR空間に表示された仮想物体と実物体が何かしらの相互作用ができたら面白いのではないかと思い、ちょっとしたコンテンツを試作しました。わりと簡便な方法で実現できるのでメモ程度にざっくりとした手順を残しておきます。 1.開発環境 今回の試作では以…

【再掲】 LeapMotionを使ってAR(Augmented Reality)やその他諸々をやってみた

ARに関するAdvent Calendar用の内容としてはちょうど良さそうなので昨年書いた記事を再掲。LEAP motionを用いたARシステムを作る上での参考になれば幸いです。AR(Augmented Reality) Advent Calendar 2014 - Qiita 以下、本文 2013年7月にLeapMotionが手元に…

HMDとARコンテンツ

2014年は色々な種類のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が登場ましたが、多くの場合これとセットでAR(Augmented Reality)話題に挙がります。そこで、各種HMDの特徴やARの見え方を紹介してみようかと思います。1. inforod ウエストユニティスという国内メーカ…

Kinect for Windows v2とgoogle cardboardでVR空間を歩けるコンテンツを試作

先日、友人の宮地さんに手作りcardboardをいただいたので、これを利用したデモコンテンツを作ってみました。 cardboardとは、Google I/O 2014で配布されたダンボール製のHMDで、前面にスマートフォンを差込むだけで、3Dコンテンツを楽しむことができます。 …